アフィリエイトに活用できる7つの心理学~心理的財布~

財布

 

こんにちは、栗丘 まみです。

シリーズでお伝えしている『アフィリエイトに活用できる7つの心理学』、

3回目の今日は【心理的財布(しんりてきさいふ)】について解説します。

 

【心理的財布】をライティングに取り入れることによって、今よりも成約率が

グッとUPする可能性がありますよ^^

 

唐突ですが、あなたに2つの質問をしますね。

1つ目の質問です。

 

あなたは会社の同僚に誘われて、美味しいと評判のお店にランチに

行きました。

そのお店のランチメニューは3千円のランチコースのみでしたが、

はやり評判のお店だけあって、とても美味しいランチコースでした。

 

さて、あなたはこのランチコースに支払った3千円に対して

どのように感じるでしょうか?

 

次の2つから選んでください。

1.ランチに3千円は高い(もったいない)

2.美味しかったので3千円は手頃

 

では、2つ目の質問です。

今度は好きな人から同じお店にランチに誘われたら、

あなたは3千円の支払いに対してどのように感じるでしょうか?

 

次の2つから選んでください。

1.ランチに3千円は高い(もったいない)

2.3千円で好きな人と一緒にランチできるなら安い!

 

それでは、答え合わせをしましょう。

感じ方は人それぞれなのですが、

多くの人が最初の質問は「1」、2番目の質問は「2」を選択します。

 

今回の質問の結果からも分かるように、同じ3千円でも状況によって

『高い』と感じたり、『安い』と感じたりするのです。

 

これが【心理的財布】です。

 

お客さまは「安いから買う」のではありません!

『高い(もったいない)』と感じる時は心理的財布が小さい状態で、

『安い』と感じる時は心理的財布が大きい状態です。

 

人は自分にとって価値やメリット感じて欲しいと思った物は、

たとえどんなに高額だとしても手に入れたいと思うものです。

 

オファーをしてもなかなか成約が取れないと「価格が高いから買わない」と

思いがちですが、お客さまは高いから買わないのではありません!

高くても価値があると思えば買います。

 

つまり、あなたが何かをオファーする時は、お客さまの【心理的財布】を

大きくするようなコピーライティングをすれば、成約率を得ることができるのです。

 

心理的財布を大きくするコピーライティングとは?

『お客さまの【心理的財布】を大きくするようなコピーライティング』とは、

オファーするものを手にいれることで、お客さまにどんな良い未来が

待っているかを想像させることができるようなコピーライティングのことです。

 

「どうすればもっと成約が取れるだろう?」

「もっと成約率を高くしたい!」

そんなお悩みや願望をお持ちなら、あなたのコピーライティングに

【心理的財布】を取り入れてみてくださいね^^

 

さて、シリーズでお伝えしている『アフィリエイトに活用できる7つの心理学』、

次回は【返報性の原理(へんぽうせいのげんり)】について解説します。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 




ポチっと押してくれると泣いて喜びます(*´ω`*)

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ運営者

ブログ運営者

はじめまして。
ブログ運営者の栗丘 まみと申します。

非正規(契約社員)としてフルタイムで働きながら主婦業もしている、いわゆる兼業主婦です。

「夢をかなえて充実した人生にしたい」という思いからアフィリエイトを始めました。

⇒ 詳しくはコチラ

人気ブログランキング

栗丘まみの最新e-Book

ブログ,記事,遅い,早く

オススメ電子書籍

オススメ電子書籍

Amazonでランキング1位を獲得した電子書籍が今なら期間限定で¥0でダウンロードできます!

▲トップへ戻る