なぜ、2月は28日しかないのか?

neko

 

こんばんは、栗丘 まみです。

今日は2月29日、4年に1度の貴重な日ですね。

そもそも、なぜ2月は28日しかないのでしょう??

私は時給で働く非正規社員なので、ほかの月より日数が少ない2月のお給料って結構少ないんですよね。

 

31日の日を減らして2月も30日にすればいいのに…

なんて思ってしまいます(^_^;)

 

今日は2月がなぜ28日しかないのか、その謎に迫ってみたいと思います!

 

旧暦では13番目の月が存在した!

現在の暦は古代ローマ時代の暦が元になっています。

紀元前8世紀頃の古代ローマでは、2月は1年の最後の月だったんです。

暦というのは農業のために作られたものだったので、

もともとは3月から12月までしかなく、後から1月と2月が付け足されました。

 

そして、この時代には偶数は不吉とされていたため、1年は355日で

ひと月の日数は29日か31日でした。

そうすると1日多くなってしまったため、2月を28日にして調整しました。

この時代の年末は厄祓いや清めをするための月とされていたため、

2月が偶数となってもよいとされたようです。

 

しかし、1年が355日だと季節と暦にズレが生じてしまうため、

およそ3年に1度、13番目の月を入れて調整していました。

この13番目の月が『うるう月』です。

 

7月の「July」の語源はジュリアス・シーザー

季節と暦のズレを調整するために導入された『うるう月』でしたが、

当時の戦争や政治的な混乱できちんと挿入されず、ジュリアス・シーザーが

政治を行っていた時代には季節と暦が2ヶ月もズレていました。

そこで、ジュリアス・シーザーは暦の改革を行ことにしました。

 

ジュリアス・シーザーは、暦の改革で主に以下の3つのことを行いました。

◯ 1年を365日に変更

◯ ひと月の日数を30日と31日に変更(奇数月:31日 偶数月:30日を交互に配置)

◯ 2月を最後の月から2番目の月へ変更

 

30日と31日を交互に配置するとしましたが、それでは1年=366日と

1日多くなってしまうため、どこかの月で調整する必要がありました。

当時は旧暦の【2月=調整の月】という認識が根強く残っていたため、

引き続き2月で調整することにし、1日少ない29日としました。

 

また、旧暦の1年=355日から1年=365日に変更したことで『うるう年』も

4年に1度となり、うるう年には2月を1日増やして30日にするだけで

調整できるようになりました。

 

そして、暦の改革を行ったジュリアス・シーザーは、自分の生まれ月である

7月に自分の名前を付けたのでした。

これが【July】の語源と言われています。

 

ジュリアス・シーザーの暦の改革で2月は29日だったのに、

なぜ現在の暦では2月は28日しかないのでしょう??

 

2月が28日なのはアウグストゥスのわがままのせい?!

ジュリアス・シーザーの後継者で初代のローマ皇帝となったアウグストゥスは、

ジュリアス・シーザーと同じように自分の生まれ月である8月に自分の名前を

付けました。

これが【August】の語源と言われています。

 

ジュリアス・シーザーが行った暦の改革では8月は30日の月でしたが、

アウグストゥスは自分の生まれ月が30日しかないことを不愉快だと言い、

8月を31日にしてしまいました。

それまで奇数月は31日、偶数月は30日と交互になっていましたが、

アウグストゥスが8月を31日にしたことによって、7月から9月まで

31日の月が連続することになってしまったため、9・10・11・12月の

奇数月と偶数月の配置を逆にすることにしました。

 

さらに1日増えてしまった日をどこかで調整しなけれればならず、

仕方なく2月を28日にすることにしたわけです。

 

暦については諸説あって、どの説が正しいのか正確には分かっていませんが、

「いつやるの?今でしょ!?」の林 修先生もこの説でお話しをされていたので、

信ぴょう性のある説だと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 




ポチっと押してくれると泣いて喜びます(*´ω`*)

Comment

  1. なおなお より:

    まみさん、こんにちは。
    2月は私も31日を調整すればいいのに!!
    って思っていました。

    色々な説があって面白いですね☆
    気になってはいたけど、
    自分では調べることさえしなかったので、
    理由がわかってうれしいです。

    応援していきますね☆

    • 栗丘 まみ より:

      なおなおさん、こんにちは。

      私も自分で調べていて、まさか古代ローマ時代まで
      話が遡るとは思っていませんでした(^_^;)

      なおなおさんの参考になってよかったです。
      応援ありがとうございました☆

  2. ルナクス より:

    栗丘 まみ様
    いつもお世話になっております。
    ルナクスです。

    暦の面白いお話ありがとうございます。

    暦と政治の関係があまり意識
    されない現在ですが、昔は色々と
    試行錯誤されたんでしょうね。

    アウグストゥスのワガママが
    妙に可愛く思えます。

    よっぽど偶数の月が不吉なんでしょうね。

    面白いお話ありがとうございます。
    応援押しておきますね。ポチ☆
    これからも宜しくお願い申し上げます。

    • 栗丘 まみ より:

      ルナクスさん、こんにちは。

      いつもこめんとありがとうございます。

      古代ローマ時代の暦がそのまま現在も
      使われているというのは驚きですよね!

      今回2月が28日の理由を調べたことで、
      7月・8月が31日が連続する理由や
      9月以降の30日と31日の配置が逆転している
      理由まで分かって良かったです^^

      応援ありがとうございます。
      これからもよろしくお願いします。

  3. ナミ より:

    栗丘さんこんにちは^^
    ナミです!

    あ~!!そうですよね><

    2月は日数が少ないので
    給与が少し少なく
    なってしまいますよね><

    でも2月の日数が少ないのは
    ちゃんとした理由があったんですね。

    何で少ないのか、
    考えたこともなかったので
    とてもとても勉強になりましたよ!

    いつもたくさんの学びを
    与えてくれる記事
    ありがとうございます!

    応援して帰りますね^^

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ運営者

ブログ運営者

はじめまして。
ブログ運営者の栗丘 まみと申します。

非正規(契約社員)としてフルタイムで働きながら主婦業もしている、いわゆる兼業主婦です。

「夢をかなえて充実した人生にしたい」という思いからアフィリエイトを始めました。

⇒ 詳しくはコチラ

人気ブログランキング

栗丘まみの最新e-Book

ブログ,記事,遅い,早く

オススメ電子書籍

オススメ電子書籍

Amazonでランキング1位を獲得した電子書籍が今なら期間限定で¥0でダウンロードできます!

▲トップへ戻る