『アンガーマネージメント』で自分の怒りをコントロールしよう

アンガーマネージメント

 

こんばんは、栗丘まみです。

 

NHKで放送されている『オイコノミア』という番組をご存知ですか?

 

あるテーマを取り上げて経済学の観点から見てみようという主旨の番組で、

結構おもしろいですよ。

 

先日「怒り」がテーマに取り上げられていました。

私は日ごろから仕事でイラッとしてしまうことが多くて、

「なるべく怒らないようにしたいな~」と思っていたので、

とても興味深い内容でした。

 

番組の中で、怒りを自分でコントロールする

『アンガーマネージメント』が紹介されていました。

 

「怒り」に対してはあまり良いイメージを持っていない人が

多いと思います。

私も怒っている人を見ると「大人げないな~」と思いますし、

自分が怒ってしまった時などは、あとで必ず自己嫌悪に陥ります。

相手の方とも気まずくなってしまうので、できればあまり

怒りたくないですよね。

 

「怒り」はデメリットだけではない

マイナスなイメージが強い「怒り」の感情ですが、「悔しいから頑張る」

「負けたくないから努力する」などの原動力となるアドレナリンは、

怒りのエネルギーがないと生まれないんだそうです。

 

有名なテニスプレーヤーのフェデラー選手が『アンガーマネージメント』を

取り入れたことで、怒りを【自分を奮い立たせる感情】として捉えられる

ようになり、テニスで頂点を極めることができたそうです。

 

また、青色発光ダイオードの発明でノーベル物理学賞を受賞した

中村修二さんが「自分のモチベーションは怒りだった」と言っていました。

 

「怒り」を上手くコントロールすることで、「怒り」をモチベーションに

変えることができるんですね。

 

「オイコノミア」では『アンガーマネージメント』についての解説が

あまりなかったのですが、興味があったので自分で調べてみました。

 

『アンガーマネージメント』とは?

アンガーマネージメントは「怒らない」ようにすることではありません。

『喜怒哀楽』という人間の4大感情にもあるように、「怒り」は人間の

ごく普通の感情であって、怒りの感情をなくすとか抑え込むことは

良いことではありません。

とは言っても、感情のままに怒りを発散させて良いということでも

ありません。

 

『アンガーマネージメント』とは、【怒る必要があることはうまく怒って、

怒る必要がないことは怒らないようにコントロールすること】です。

 

アンガーマネージメントの3つのコントロール

アンガーマネージメントには、

①衝動、②思考、③行動の3つのコントロールがあります。

 

≪①衝動をコントロールする≫

怒りの感情は最初の6秒が一番強い(アドレナリンが強く出る)ので、

イラッとしたら6秒待ってみましょう。

「ただ6秒待っていたら怒りが増幅してしまうのでは?」と心配な場合は、

100、99、98、97・・・と100から逆カウントをするのがいいそうですよ。

 

≪②思考をコントロールする≫

人には自分の中での「こうあるべき」という考えがあります。

自分と相手の「べき」にギャップが生じることによって怒りを感じます。

例えば、

「夫は手伝ってくれるべき」

「上司ならそうあるべき」

「妻が食事を作るべき」

「子どもは親の言うことをきくべき」

など、

すべて「べき」に対して怒っていると考えると説明がつきませんか?

 

「べき」は自分の願望や希望や欲求を表す言葉です。

人はそれぞれ違う価値観を持っているわけですから、自分が思う「べき」と

相手が思う「べき」に違いが生じるのは当たり前のことです。

 

そして、「べき」は幼少の頃からの習慣や教育によって形成されるため、

簡単に変えることはできません。

 

自分がいくら怒ったところで『人は変えられない』と思うようにすると、

不必要に怒ることがなくなります。

 

≪③行動のコントロール≫

怒ることで変えられる事なのか、変えられない事なのかを判断します。

 

≪②思考をコントロールする≫でも挙げましたが、相手が思う「べき」は

簡単には変えることができません。

怒っても変えられない事は「受け入れる」ようにしてみましょう。

 

その時に「ガマンする」「諦める」といった表現は余計にイラッとするので

使わないようにします。

「そういう考えもあるんだね~」くらいに、ただ「受け入れる」だけいいんです。

 

最初はイライラの方が勝ってしまうかもしれませんが、あまり自分を追い込まずに

毎日少しづつアンガーマネージメントのトレーニングをしてみましょう。

 

 

「オイコノミア」の最後に、イラッとした時に怒りを自己分析する方法が

紹介されていました。

その方法がちょっと変わっていて面白いんです。

『壁にとまっている”ハエ”の目線で自分の怒りを見てみる』

という方法です。

ようは「客観的に自分の怒りを見なさい」ということですけど、

なぜハエ??

 

『アンガーマネージメント』の本もたくさん出版されていました。

他にもいろいろありますが、私には下の2冊が合っていそうなので、

アンガーマネージメントについてもっと学んでみたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 




ポチっと押してくれると泣いて喜びます(*´ω`*)

Comment

  1. 栗丘さんこんばんは!
    いつもお世話になっております!

    鉄平です!
    いつも応援ありがとうございます。

    怒りの原因って、「~するべきから来ている」
    すごく腑に落ちました。

    他人に求めているから、腹が立ってしまうんですよね^^;

    で、「アンガーマネジメント」この言葉も勉強になりました!

    「怒りを飼いならし、使いこなす」イメージでやってみたいと思います。

    ありがとうございました!
    応援して帰ります^^

    • 栗丘 まみ より:

      鉄平さん、こんにちは。

      コメントありがとうございます。
      こちらこそいつもお世話になっております。

      『過去と他人は変えられない』と思うようにすると、
      他の人と考え方が違ってもイライラを抑えることが
      できますよ。

      私の記事が鉄平さんの参考になって良かったです。
      応援ありがとうございました!
      これからもよろしくお願いします。

  2. いずきよ より:

    栗丘さん、お疲れ様です。

    わたしの場合も、過去にリアルビジネスにおいて
    『怒り』を原動力にして、結果を叩き出した経験が
    何度かありますので、この記事には非常に共感しました。

    怒りに限らず、自分のさまざまな感情を、プラスの方向に
    働かせることができるようにコントロールしていきたいものですね。

    応援ポチ☆完了です!

    ではまたっ☆

    • kuriokamami より:

      いずきよさん、こんばんは。

      いつもコメントありがとうございます!
      『怒り』というのは、良くも悪くもすごいパワーを持っていますよね。
      これからアンガーマネージメントを学んで、上手くコントロールできるようになりたいと思います。
      応援ポチありがとうございました^^

  3. 初めまして、優花と申します(*´ω`)

    記事がとても印象に‥と言うか今の私の為の記事ですか?
    と言える位マッチしてたので読み入ってしまいました(笑)

    私生活で怒る事は基本的にないのですが

    仕事になるとやはり“無駄な作業”や“やるべき事をやらない事”に対しての怒りを我慢出来ません;つД`)

    次から6秒、待ってみます(´艸`*)

    とても参考になりました☆

    素敵に無敵☆応援完了です(`・ω・´)

    また遊びに来させて頂きます♪

    • kuriokamami より:

      優花さん、初めまして。

      ブログへご訪問いただき、ありがとうございます。

      私も仕事になるとすぐにイラッとしてしまうので、
      6秒待って気持ちを落ち着けるようにしたいと思います。

      私の記事が優花さんの参考になって嬉しいです。
      コメントありがとうございました。

  4. ナミ より:

    栗岡さん始めまして^^
    ナミと申します!

    ブログランキングからお伺いしました!

    怒りはデメリットだけではない

    なるほど、、

    怒りという感情も
    考え方をかえれば
    マイナスの感情だけではなく

    モチベーションの維持
    行動を起こす原動力

    プラスの感情に
    つながるものなのですね^^

    僕の場合は思考のコントロールを
    養いたいと思いました。

    相手を変えたいと思って努力しても
    報われない、

    このような経験があったので

    「人は変えられない」

    変えることを努力するよりも
    受け入れる事、これが大事なのだなと
    思いました^^

    すごく学びにつながる素晴らしい記事
    ありがとうございます!

    応援完了です^^

    • kuriokamami より:

      ナミさん、はじめまして!

      ブログへのご訪問とコメントありがとうございます。

      私も自分の「べき」と思うことが相手と合わず、
      とてもイライラすることが多かったのですが、
      『人は変えられない』、
      『「べき」は人それぞれ違っていて当然』
      そう思えるようになっただけでもかなり気持ちが
      楽になりました。
      怒は抑えるのではなく、必要な時には表に出す
      必要があります。相手への伝え方などもこれから
      学んで行きたいと思います。
      応援ありがとうございました^^

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ運営者

ブログ運営者

はじめまして。
ブログ運営者の栗丘 まみと申します。

非正規(契約社員)としてフルタイムで働きながら主婦業もしている、いわゆる兼業主婦です。

「夢をかなえて充実した人生にしたい」という思いからアフィリエイトを始めました。

⇒ 詳しくはコチラ

人気ブログランキング

栗丘まみの最新e-Book

ブログ,記事,遅い,早く

オススメ電子書籍

オススメ電子書籍

Amazonでランキング1位を獲得した電子書籍が今なら期間限定で¥0でダウンロードできます!

▲トップへ戻る