WordPressのピンバックが外部SEO対策になる

 

前回、『FMテンプレートでアイキャッチ画像を設定するとホーム画面の表示がヘンになる?!』という記事で、

アイキャッチ画像の周りに文字を回り込ませる方法について書きました。

 

この記事は、フレンドマーク塾の先輩である、いなけんさんのブログ記事を参考にして書いたので、いなけんさんにお礼をしなければと思っていたところ、

なんと!

いなけんさんの方から、私のブログに「参考になってよかったです」というコメントを頂きました。

ありがとうございました!!

 

ん??

 

hatena-1

 

 

 

 

私といなけんさんは今まで1度もコンタクトをとったことがないのに、

どうしていなけんさんは、記事投稿後すぐに私のブログ記事のことを知ったのでしょう????

 

それは、WordPressの「ピンバック」という機能のためでした!!

 

WordPressのピンバックとは??

ブログ記事本文の中で、おススメのサイトとして紹介する時など、サイトのリンクを掲載することってありますよね。

リンク元とリンク先のサイトがどちらもWordPressで作られていた場合は、自動的にリンクを掲載したことをお知らせするように設定されています。

それが「ピンバック」です。

 

同じ機能で、「トラックバック」というのもあります。

「トラックバック」は、リンク先のサイトがWordPress以外で作られいる場合に、リンクを掲載したことをお知らせする機能です。

 

ピンバック をする利点は??

ピンバック機能で、リンク先のサイト管理者にリンクを掲載したことを伝えることで、以下の2つの利点があります。

①自分のサイトの存在を知ってもらえる。

②ピンバック ・ トラックバックを受けたサイト管理者が通知を承認すると、リンク先のサイトに自分のサイトへのリンクが掲載される。

そこからのアクセスも期待でき、外部SEO対策の相互リンク効果もある。

 

ピンバック機能によって、自分のサイトへのリンクが相手方のサイトに掲載されるためには、以下の2つの条件があります。

①リンク先のサイト管理者がピンバック通知を受け取る設定になっている。

②リンク先のサイト管理者がピンバックを承認する必要がある。

 

リンク先にピンバックを通知したくない時は??

ピンバックを通知しない設定にすることもできます。

 

WordPressの左側メニューから【設定】【ディスカッション】をクリックします。

pin-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ディスカッション設定」画面で、【この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる】のチェックをはずします。

pin-3-4

 

これで、リンクを掲載してもリンク先にピンバックが通知されないように設定されました。

 

トラックバックの通知設定

WordPress以外で作成されたサイトへトラックバックを通知する設定方法です。

トラックバックを通知したい投稿画面の右上にある【表示オプション】をクリックします。

表示オプションメニューの中にある【トラックバック】にチェックを入れます。

pin-3-5-2

 

次に、投稿画面の一番下に【トラックバック送信先】を入力するボックスが表示されるので、リンク先のURLを入力します。

※ピンバックの場合は、お互いWordPressで作成されているので、わざわざリンク先URLを入力する必要はありません。

pin-4

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 




ポチっと押してくれると泣いて喜びます(*´ω`*)

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログ運営者

ブログ運営者

はじめまして。
ブログ運営者の栗丘 まみと申します。

非正規(契約社員)としてフルタイムで働きながら主婦業もしている、いわゆる兼業主婦です。

「夢をかなえて充実した人生にしたい」という思いからアフィリエイトを始めました。

⇒ 詳しくはコチラ

人気ブログランキング

栗丘まみの最新e-Book

ブログ,記事,遅い,早く

オススメ電子書籍

オススメ電子書籍

Amazonでランキング1位を獲得した電子書籍が今なら期間限定で¥0でダウンロードできます!

▲トップへ戻る